龍が如く7は過去作や龍が如くオンラインをプレイしていなくても平気?

龍が如く7 光と闇の行方

龍が如く最新作「龍が如く7 光と闇の行方」が2020年1月16日に発売されます!今作からデビューする人のために、この記事では龍が如くファンの私が龍が如くの過去作品やスマートフォンのアプリで配信されている「龍が如くオンライン」をプレイしていなくても龍が如く7を楽しめるかどうかについて話していきたいと思います!

龍が如く7 光と闇の行方について

まずは龍が如く7について簡単におさらいしましょう。

主人公は桐生一馬から春日一番という新キャラクターに変更されています。
また、本作のジャンルは「ドラマティックRPG」となっており、従来の「アクションアドベンチャー」から変更されています。

本作には、堤真一さん・安田顕さん・中井貴一さんといった豪華俳優陣も登場します。

ストーリーがとても気になりますね!

ストーリートレーラー

ゲームトレーラー

龍が如く7からプレイを始めても大丈夫?

本題にに入ります。結論からいうと、龍が如く7からプレイを初めても大丈夫だと思います!!その理由を書いていきたいと思います。

主人公は新キャラクターだし、ストーリーに過去作のキャラクターが出てこない!?

トレーラーを見る限り、登場するキャラクターはほぼすべて新キャラクターでした※。

もちろんトレーラーに出ていないだけかもしれないですし、サブストーリーに出てきたちょっとしたキャラクターなどはちょこちょこ出てくるでしょう。
しかし、過去作のキャラクターばかり出てきて新規プレイの人が置いていかれちゃうということはまずないと思います。

そして主人公は新キャラクターの「春日一番」です。龍が如くシリーズをプレイしてきた人にとっても春日一番を操作するのは初めてなので、新規プレイヤーと立場は同じです。

※一人だけ見たことあるような人物がいました。

舞台も変わる!?

今までの作品の舞台は新宿・歌舞伎町がモデルになっている「神室町」でした。今作では、舞台は「横浜・伊勢佐木異人町」となっています。

面積は神室町の3倍以上もあるんだとか!

神室町も登場するみたいですが、メインは横浜みたいです。

こちらも既存プレイヤーにとっても新鮮ということです。

ゲームシステムが変更になった

過去作はアクションでしたが、本作では「ライブコマンドRPG」というものになっています。

RPGとなったことで、アクションゲームが苦手な方でも楽しめるようになったのではないでしょうか。

コマンド式とはいえ、従来の龍が如くシリーズのバトルのような爽快さはあるように見えます!

龍が如くオンラインは?

龍が如くオンラインにも春日一番が主人公となっているストーリーが存在します。

しかし、PS4版とストーリーは全く異なるので、プレイしていなくても大丈夫です。

龍が如くオンラインは最近方向性が変わり、過去作に登場したキャラクターを掘り下げるストーリーを配信していくみたいです。

より龍が如くファン向けになっていくようなので、個人的にはとても良いです。

課金しなくてもストーリーは全部追えると思うので、気になったらプレイしてみましょう。

だけど、過去作品も楽しいよ!!

過去作をプレイしていなくても大丈夫と言ってきましたが過去作もとても面白いので、個人的には全部プレイしてほしいですね。

龍が如く7をプレイして楽しいと思ったら過去作をプレイするのもよし、龍が如く7が発売されるまでに予習として過去作をプレイするのもよしだと思います。

初代とか2はPS2のソフトでしたが、リメイクやリマスター等ですべての作品をPS4でプレイすることができるようになっています。

こんな記事も書いているので、ぜひ読んでください。
龍が如く 龍が如くシリーズのプレイする順番をまとめてみた

まとめ

  • 過去作をプレイしていなくても大丈夫!
  • だけど過去作も面白いからぜひプレイしてね!
  • 龍が如くオンラインは過去作のストーリーが補足されていくよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。